沼津経営塾

お互いに切磋琢磨して、人生をより良いものにしていきたい。コツコツ学ぶ仲間の集いです。月1回沼津三島にて勉強会を開いています。

ふぐを食べる会のままでいいのでしょうか?

おはようございます。
2005年も今日でお終いですね。今日のハガキは妻に書くつもりでいます。

 
昨日のコメントを読んで今日のお題は「ふぐを食べる会のままでいいのでしょうか?」にさせていただきました。私の記憶によるとこのブログの会の名称は正式には決まっていませんよね。私の中では(仮称)「ふぐを食べる会」です。名前のわりに皆さんすごい事をやっちゃっているんです。ただ本来は、海野さんの言うように目的を持って集まっている沼津経営塾が母体であり、この会の目的は”ハガキを毎日書くことにより自分との約束を守れる人間になる”だったと思います。

 
さて、私はといいますと、発足当初は気合が入っていたため簡単に2ヶ月くらいを過ぎ、中だるみになりそうな時にふぐが目前だったので、また盛り返してはいたんですが、現在はスランプに入っています。スランプといっても書いてはいるのですが、辛いんです。なかなか書けないんです。書けない作家の気分です。でも、書いています。「理由はハガキを書きませんでした」とブログに書きたくないからです。皆さんのおかげで自分を裏切らずに140日弱いられるのだと思います。

 
それでは、昨日の杉井さんのコメントを考えてみたいと思います。正直な気持ちを書きます。もし、私のハガキがストップしたら・・・温かく見守って欲しい!です。自己嫌悪に陥っているのに塩を傷口に擦り込まれるのは嫌です!しかし、自分の子供が、社員が自分自身の成長をこばんでいるとしたら、私は、叱咤激励を飛ばすでしょう。今年は今日で最後ですが、来年の暮れに成長しないまま、同じ内容のブログを書いている自分を想像するとちょっと怖い気がします。同じ行動、同じ言動を繰り返し年だけとっていく・・・

 
そんなことのない様に来年はしっかりと生きよう!と心に決めました。「正しさよりも優しさを」と言いますが、”優しさ”って何でしょう?ダスキンの鈴木さん、松下幸之助さん、この方たちはとても優しそうな印象がありますが、怒った時はものすごく怖いと本にも出ていました。何故、そんなにも怖い怒り方をする人が人の心を捉えるのでしょうか?松下さんは怒り方が上手いとも言われています。そんなテクニックってあるのでしょうか?たぶん内面から滲み出てくるものが関係しているのだと思います。人を諭して人望を得る、神様みたいな人たちですが、私たちはどうしていったら良いのかも考えながら、この会の名前を付け直したいなぁと思いますが、皆さんどうでしょうか?
スポンサーサイト

2006年1月11日
河田です。

二日間も運動!運動!ってうるさいですねぇ!
でも、大切な人たちが病気になってからでは遅いですから・・・。


この数日間、ブログのために毎日2~3時間を費やしていますが、普段の生活からその時間をひねり出すのは難しいと思ってましたが、意外とできるものですね。
日ごろだらだら過ごしていることに気がつきました。


さてさて
今、私が経営に関して一番知りたい事柄は、どうやって社員さんを動かすか?についてです。
社長一人やる気があって、営業や仕事に飛び回っても、荒利の上昇には限界がありそうです。
この先給料を上げてやりたくても、仕事が増え、利益が増えなければ給料の上げようがありません。
自分の能力をCLやMGで磨いたり、はがきを書いたりして自分の顧客を増やしてくれればいいなぁー。と思ってしまいます。
私のいただいてくる仕事だけをこなす場合、給料は頭打ちと思われます。


杉井さんの会社では複写はがきを書いてから退社するそうですが、私も両親や姉、社員さんに言ってみましたが誰も書いていません。
私の働きかけが足りないのかもしれませんね・・・。


しかし、今この文章を書いていて気がつきました。
CLでは、「この世でコントロールできるのは自分の行動だけ」だよなー???
もしかして、まだまだ自分の行動を改善してみる必要があるのかな?と。


そこで今週末、人を動かすリーダーにヒントを伺いに行こうと思っています。
まだまだ勉強することや、気づかなければいけないことはたくさんあるようです。


静岡経営塾の皆さーん!今週末参加させてくださーい!
世・露・死・苦!
楽しくやりますが・・・。
すきあらば走ります。

2005年を振り返り

2005年を振り返って
おはようございます。はがき1通131日。
1週間ありがとうございました。
何か内容がなく終わってしまい、すいませんでした。
次回がんばります、時節柄とにかく忙しかったです。
塩川君、年を越しますがよろしくお願いします。
1年を振り返って、一番変われたことは、まずはがきが続いたことですね。
最初はどうなることやらと思いましたが、日に日に書くことが楽しくなり、それによって周りの反応が変わったこと、それによって書く自信にもつながりました。結果が出ることは、とてもうれしいことです。来年も続けて行きたいと思います.
次は第2領域の作り方、すごし方です。
杉井さんにもご指摘いただいたことですが、仕事以外の用事、会合、役職、自分では振り回されている気はしなかったのですが、領域の関係の話の中では、ずいぶん無駄な時間を使ったのかなと反省しました。この年の後半になってなるべくその時間を、うまく第2へと努力してみました、まだまだですが少し変われたかなと思います。
後は課題のおかげで本を読む機会が多くなったことです。
自分からはなかなか進んで読みませんでしたが、いいきっかけになりました本は自分の為になります。妻も本を読んでいる姿に感心しています。
後はいい仲間がほんとに出来たことです。はがき、塾、ブログを通じて、本音を言い合ったり、自分にない考え方をおそわったり、みんなすごくがんばっている姿が刺激になりました。いい勉強になりました。最近出来ていないことは、手帳があまりうまく使えていないことです。やることばかりが多く、第2領域がかけていません。年はじめの課題です。
来年は早々に、初めてMGに参加します。いい経験になると思います。どんな形になるかわかりませんが、少しでも身について自分の仕事に活かせればと考えます。
ありがとうございました。皆さんよいお年を。

大掃除2

おはようございます。皆さん早いですね、
今日はゆっくり寝てしましました。昨日がんばりすぎて(窓が光っていますが)疲れがたまっているみたいです。
今日は餅つきですね、皆さん楽しんできてください。天気も良い見たいですね、楽しい雰囲気が伝わってきます。小野さん、黄な粉か、おろし餅で1杯やってください。よろしくお伝えください。
日程を決めて毎年ある行事を実行し、楽しみにしている方も(今年は29日か楽しみだな)と予定にかけるし、いいことですね。こんなことが積み重なってファン作り、仲間づくり、お互いのよい人生に繋がっていくんだと思います。

うちの御餅は、ここ何年もと言うかずーーーと、実家の和菓子屋が作ってくれるものを頂いています。今日も早々届けてくれました。
今日は御餅をきったり、かたや大掃除、今日は店を全体的に、
しかし計画通りには行かず、お客様の集金、支払いなど行ったり来たりです。お手伝いの方がいてくれて助かります。これが終わると、新年の飾り付け等をして終了です。30,31日は細かい用事、お客様を待つような予定です。ここ何日か、まったく計画通りでは行きません。
時間の合間に
家の用事と、家族サービスをしたいと思います。

課題図書の本、ネットで注文しましたがまだ届きません。(汗タラ~~)
早ゃ~~くぅ~~来い来い 課題図書

ではまた明日

大掃除

大掃除
おはようございます。はがき1通129日。今日はまた後で書きます。
今日は定休日、自宅の大掃除をする計画です。きっちり水曜日は休んでいます。
お客様、関係業者には、水曜休みが浸透していますので安心です。何かあれば転送で連絡が来ますので対応しています。
掃除も普段使う場所や、毎日やる部分には目が行き届きますが、手をつけないところは、ほったらかしで、少しでもやっておけば、いざ綺麗にするときには、力が半分で済むのにと思うだけでやっていません。今日は奥さんがリーダーになって子供たちも手伝いますので、効率よく楽しくやりたいと思います。長男も午前中部活があり、午後から手伝うといってくれています。大変な金魚をいっしょにきれいにしようと思います。
ご褒美に、何かほしい服があるようなので夕方買い物にも行く予定です。
今日は忙しくなりそうです。
わたしは、便教会や、掃除に学ぶ会など、参加したことはありません。
皆さんのお話だけで想像していますが、わたしは高いところや、無理なところ大変なところを中心にやります。普段妻にしか任せていませんので、負担を軽くしてあげようと思います。明日は店の大掃除が待っています、昔の従業員さんも手伝いに来てくれます。毎年一所懸命やっていただいて助かっています。きれいになると気持ちが良いですね。
いいお正月を迎えるようにがんばります。
今週は年末なのでこのような話題になってしまいました。

はがきの効果

はがきの効果
おはようございます。昨日は商工会議所の委員会があり、忘年会をかねて
集まりました。帰りに三島本町タワーに住んでいる友人のお宅に
寄りました。19階からの箱根の夜景が最高でした、何か高いところにあがると、いい気分になるのは私だけでしょうか?高所恐怖症なのに・・・
これで今年の飲み会は終わりです。この時期はやはり飲む機会が多く、
楽しく過ごしました。体調には気を使いましたよ。
同窓会もあり、久しぶりにあった友人との交流も出来よかったです。
この時の連絡に電話ではなく、はがきを使いました。
すぐ連絡をくれた人、当日お礼を言われた人、このメンバーには年賀状ぐらいしか出す機会がないので、新鮮だったのか「手紙ありがとう」と言われるとやはりうれしいですね。
またこの時期は仕事のほうでも、納品等が多く、連絡方法としてはがきを書きました。
昨日の2人のお客様からも、はがきのお礼の言葉をいただきました。「まめに送っていただいてありがとう、うれしいです」と。この2人の方には、今年いろいろとご購入頂きました。一所懸命さや感謝の気持ちが伝わって、いい結果が現れたのだと思います。
ここのところ自分でも感じますが、お客様に対して、いい接客が出来ていると思います。
今年も後5日、ラストスパートでがんばります。
はがきまた後で書きます。

農業と商業

商業と農業
おはようございます木村です。はがきこれからです。昨日のお客様に書く予定です。
輿水君も書いてありましたが、静岡新聞に、鈴木厚志さんが載っていました。
前にもありましたが新聞に載るという経験は、めったにありません、凄いことだと思います。内容は今後の農業のあり方や、若手の育成など、問題に対してのお話でした。
着物業界も継ぐ人がいなくて廃業したり、そのままのんびりやって終わってしまうお店や
若手が継いでがんばっている店、いろいろです。
魅力があれば、がんばってみようと思うでしょうし、そう仕向けて行かないとそこで終わってしまいます。自分の仕事を好きになれば、自信を持って薦められますね。そういう意識で頑張っていきたいと思います。
海野君の昨日の内容ほんとにいい仕事ですね
相手の方が感動したから、気持ちが動いたんだと思います。
実際に行動していますね、素晴らしい事です。
新聞記事の中に「地産地消」という言葉がありました。
その地でいい物を作り、その土地の皆さんで消費する。文で書くと当たり前のようですが
実際は他の市場に出回るように、配送したり販売していますよね。
聞くまであまり考えませんでしたが、ほんとはこれが基本なのでは、ここがしっかり出来れば、将来性、若手育成など、農業、商売に通じるものなのかと考えました。
昨晩は女子のフィギアスケートの大会を見てました。真剣さ、一所懸命さ。可憐さ
感動が伝わってきました。本物は伝わりますね。
ふとそんなことを考えた時間でした。

河田さん、29日の餅つき、参加できません
31日まで仕事です、楽しんでください
昔やりましたが楽しいですよね。
では

サンタクロースを信じますか?

サンタクロースを信じますか?
おはようございます。
今日はクリスマス、昨日は食卓を囲んで、大きなケーキを食べました。
子供達はシャンメリー(ノンアルコール)をぐいぐい飲んでいました。輿水君4本終わりました残り1本です。
上の子は、酒飲みになりそうな雰囲気です。
下の子は昨日書いたように、サンタを信じています。私がいるよと教えてあり、信じられるように今までいろいろ行動してきました。杉井さんの本「不完全なあなたへ」の中に、サンタのことの項目があります。信じていない子もたくさんいるし、しっかり信じている子もいます。夢を持っている事はとてもよい事だと思います。プレゼントを楽しみにしている姿は純粋でとてもかわいいですよ、プレゼントを見たときの顔が楽しみです。
でもいつか、わかるときに本のように心の中にサンタがいると説明するときが来るのでしょう、そのときの準備もしておかないと。
自分のときはと、今思うとそんな事もなかったし、信じていなかったですね。
わたしは毎年がんばろうと思います。
物よりも、大事にすること、心を与えること
いい言葉ですね、
今は子供の本当に悲しい事件が多すぎて、世の中おかしいと思います。
楽しいハッピーな話題で新年を迎えたいですね。

はがきこれからです。

クリスマス イブ

おはようございます。今週よろしくお願いします。
今日はクリスマスイブですね。
夜はどんな予定がありますか?皆さんよい1日になりますように。
うちのお店では、父の実家がお菓子屋なので、毎年クリスマスケーキを
お客様やお世話になった方に届けています。大変ですが楽しみにしている方が、多くいらっしゃるので欠かせません。
実家も潤うし、お客様にも喜ばれることはうれしいですね。
うちでもお礼に大きなケーキをいただいて、夜家族で楽しんでいます。
それではメリークリスマス。
皆さん下記のアドレスを見てください。


http://view.greetings.yahoo.co.jp/greet/view/?68554ZHEDHYXQNBJKXX

今日は趣向を変えてこの辺で、

人の人生を応援する 人になろう!!

おはようございます。
輿水です。葉書2通125日連続
昨晩は山中湖CL勉強会でした。美味しいハンバーグをいただきました。
 
杉井さんから大事な話がありました。
自分の器以上のたくさんのお金が入ってきたとしても、器からこぼれおちてしまう。器の分だけしかお金は持てないようになっている。それを今の世の中は自分の器以上のお金を持ちたがる人が多い。また、それではと、無理に器を大きくしようとすると、器は壊れてしまう。
経営の勉強会ではよく増収増益で利益を上げろという話になるがCLで考えると、利益はコントロール出来ない。コントロール出来るのは良い会社にしようと努力する自分の行動である。良い会社とはよく地域に貢献し、人とより良い関係を築いていくことである。「良い会社」にした結果が「儲かる」ことはある。その逆は無い。「良い会社」にする努力がイコール種を蒔くことである。蒔いた種が育ち、成長し実になった時が儲かったとき。種なしで儲けるのはどこかおかしい、種なしで儲けることはできない。自分たちの信頼を積み上げていく以外にない。信頼の高さをどうやって積み上げていくか考えること。それは、
『与えること』
『人の人生を応援すること』
面倒くさいこと、損なことを出来るだけ引き受けていくこと。
利害関係や計算の無い親切をすること、合理的に無駄をはぶいてしまう行動は他力を得られない。損得に関係なく「人を喜ばす」ことをやってみる。葉書も同じ。数をこなしていこうとすると辛くなる。その人に「幸せになってくれよ」という気持ちで書いたほうが字数や文章は長くなるけど実は楽な気持ちで書ける。葉書は丁寧に書くこと。
 
自分が死んだ後、10年後、「輿水は○●なヤツだったなぁ~」「輿水なら☆★だよなぁ~」どんなイメージを皆に持ってもらいたいか考えること。
「生きているうちの志は欲、生きているうちに実らないものが志」
野口英世、ゴッホなどの偉人は生存中にそれほどイイ思いはしていない、自分の死亡後、何年か経った後に評価を得ることとなった。
 
来年の課題
◖以前、経営塾で習ったベンジャミンフランクリンの13の徳目のように毎週1つテーマをしぼってやってみること。
◖人に与えること。自分の習った良いことを人に伝えること。「こおろぎ」や本、CDを配るも良し
◖種を育てる。自分がどれだけ人に与えられるか。自分が話す側になることをしてみる。(使う、使わないは相手の自由、自分は与えること)
◖10年後のために何をやろうと思っているのかピックアップすること。
 
以上、本日のまとめです!(まとまっていませんが)
 
来年1月も山中湖勉強会参加予定です。
ご都合よければ一緒に行きましょう!!(美味かったなぁ~ハンバーグ)
 
一週間ありがとうございました。
「改行名人」の木村さんにバトンを渡します。
木村さん、宜しくお願いします!!

心の重心を低く

おはようございます。
輿水です。葉書3通124日連続
今朝はクリスマス新宿クリーン作戦に参加してきました。
波多野さん、三国さん、CL仲間の吉澤さん、西田さん、オリジンの鈴木さん達とご一緒でした。
 
♪♪もぉ~いくつ寝ると、お正月~♪♪
我が広小路駅前商店会ではお正月イベントとして縁台将棋等の催しを来年の1月7日(土)にやる予定で商工会議所に申請をしました。
そのつもりで準備を進めていたところ、町内の組長さんから、「広小路のイベントは1月3日にやる」、と1月1日に配る予定の市の広報に掲載されているとの情報を得ました。真偽の確認のため、商工会議所に電話をしたところ、担当者が外出中とのこと。次に市役所に電話をしたところ、確かに、1月3日と掲載されているとのこと。しかも縁台将棋の他に「たたき売り」「ガラガラ抽選会」などやる予定の無いものまで掲載されているらしい。「縁台将棋」「たたき売り」「ガラガラ抽選会」は実は今年の1月3日にやったイベントである。どうやらデータを一年誤って掲載したようだ。事情を説明して日付が違うことを言うと「他からも問い合わせの電話がありました。」とのこと。(知っていたなら連絡してくれればいいのに。偶然知ったからいいものの、そのままだったら1月1日に配られ、アッと驚いたところで市役所も会議所も休みだろ)
訂正の有無を聞いたが不可能とのこと。そして、課長か係長かわかりませんが一言、「3日が7日に変更になりました、とハリ紙を会場に貼っとけばいいんじゃないですか」(いいわけないでしょう、知らずに楽しみにして、遠くから来た子供や親が、そんなハリ紙を見てどんな気持ちになることか)その人は直接関わって無いのかもしれませんが他人事の物言いに腹がたちました。とりあえず、イベントの中心になっていただく将棋クラブの人と対策をいくつか考えました。現実的な案として2つ残りました。
一つは3日に来てくれた人に事情を説明しお詫びをして粗品を渡す。縁台将棋は予定通り7日に行う。
二つ目は間違って掲載された通りのものをそのままやってしまう。3日に「縁台将棋」「たたき売り」「ガラガラ抽選会」
とりあえず、どちらにも対応可能にするため、会場、ガラガラ抽選機、たたき売りの商品を仮押さえしました。
夜になり、商工会議所の担当の方が謝りに来ました。やはり、誤って今年のデータをメールで添付したそうです。ウチの商店街だけでなく全商店街、今年のデータを送ったのですが幸福にも(?)広小路と芝本町以外は日にちも内容も全く同じだったそうです。若い担当者が謝っているので「仏の輿水」は「人間誰でも間違いはあるさ、ただ、すぐ連絡がほしかった、そしてその後の対応に気を遣おう」と話しました。そして、よくよく事情を聴いてみると、間違ったデータをメールで送ったのですが、その後間違いに気が付き、再度、メールで正しいデータを送っているそうです。いつもはメールを送った後電話で確認をとるそうなのですが、その時に限って確認しなかったそうです。
話を聴いていて確かに商工会議所の担当者も責任あるのでしょうが、市役所側にもかなり責任があるのではないでしょうか。最初に市役所から聴いた話では2度目の正しいデータのメールの話は何もありませんでした。もしそれが事実だとしたら、あの市役所の課長だか係長の対応はあまりにもひどいと思いました。
クレームは起きた後の対応が大事だと言われています。
我が身に振り返ってみて
問題が起きたとき、私は言い訳ばかり言ってないだろうか? その後の為すべき行動を迅速にしているだろうか? 傲慢な態度をとってないだろうか?責任転嫁してないだろうか?謙虚な姿勢だろうか?

すべてが失われようとも、まだ未来が残っている!!

おはようございます。
輿水です。葉書3枚123日連続
民主党の西村議員が弁護士資格の名義貸しで逮捕されました。
私は後援会の「慎吾の会」というのに毎年5千円寄付をしていました。
西村議員は国会議員の中で一番最初に横田めぐみさんの拉致問題に取り組んでくれて、応援していたので今回の件はとても残念です。漁火会でもこの件で色々な話が出ました。政治家のところはお金が集まるところなので信条にかかわらず色々な人が寄ってくるそうです。信頼して任せていたとはいえ、管理責任は免れ得ないと思いました。また、お金の魔力について話す人もいました。自分でも気付かずお金に寄りかかってしまうことが、優秀な人、志ある人でもありうるという、人間としての弱さの面とでもいうのでしょうか。世界一のお金持ちと謳われた西武の堤さんや日本一の売上を誇った中内さん、あれほど華やかだった方の末路は本当に寂しく残念です。有能で優秀な人の目を曇らせてしまうお金の魔力とはそんなにも凄いものなのでしょうか?
 最近は「会社の価値」の評価も様変わりしてきたと思います。今は会社の株式に時価を掛けた時価総額というのが会社の価値なのだそうです。そのため、社歴の浅い会社でもライブドアや楽天のように株価が高ければ価値が認められ、銀行も金を貸し、歴史ある老舗を傘下にして、さらに株価を上げろ、上げろと強烈な個性と性急さで指揮をしていってます。マスコミにも大きく取り上げられ、世間でも支持する人が増えてます。価値の基準がそこに行ってしまうのはとても残念なことだと私は思います。
わが身に振り返って、ホリエモンのような能力が無い以上、コツコツと地道に信頼を得る行動を心がけるしかありません。
今日の話はなんだったんでしょうか、貧乏人のやっかみですかね。

人は夢を持たねばならないが、それを実現すべく努力しなければならぬ

おはようございます。
輿水です。葉書3通122日連続
今日は最近読んだお坊さんの話を紹介します。
  
  「子供たちに贈る家宝」
 
 婦人がこんな話を聞かせてくださいました。
私が主人と結婚しようと決心した時、主人が私の実家の両親に挨拶に来てくれました。父と母は私たちの結婚を喜んでくれ、型通りのあいさつがすむと、父が仏壇から一冊の貯金通帳を取り出してきました。それは私も知らないものでした。父は貯金通帳を開くと、「娘のために貯金してきたものです。わずかですが、ぜひ使ってください」と主人に言いました。
 通帳をのぞくと、金額で八十四万円入っていました。びっくりしたのは、一回も出金がなかったことと、入金欄に小さな数字がずっと並んでいたことです。その一回一回の入金額はすべて百五十円以下でした。つねに八十八円とか、百二十円とか、六十五円とかでした。本当にわずかなお金でしたが、娘の私のために両親が苦労して貯めた貯金通帳でした。主人は父と母の苦労を察して、とうとうその貯金通帳を受け取りませんでした。
 それから何年か経って、父が亡くなった時のことです。主人が突然、「あの貯金通帳をもらえないものだろうか。中身のお金は一円もいらないから」と言いました。私も同じ気持ちでしたから、実家に行って通帳を探しましたが、見つかりませんでした。帰宅すると、私は主人に「どうしてあの貯金通帳がほしかったの」と改めてたずねました。すると主人は「自分たちの子供の家宝にしたかった。子供たちに細かい数字がずっと並んでいる貯金通帳を見せて、おじいちゃん、おばあちゃんがあなたたちのお母さんである娘のために、この通帳の数字のように、わずかなお金を少しずつ貯金してきた気持ちを子供たちに知ってほしかった」と答えました。
 
参照「しあわせを感じるよろこび」林覚乗 著  文芸社

月曜日です!!「今日一日、怒らず、恐れず、悲しまず」

おはようございます。
輿水です。葉書4通121日連続
先週は「輿水酒店」について色々とアドバイスご意見をありがとうございました。いやぁ~、本当に参考になり、今後実行しましたらご連絡します。
そこで、今週は着物業界の「温厚なる若旦那」、別名「夜の顔を持つ男」又の名は「食べ過ぎの人」の木村さん! 「きもののむらき」さんに言いたい放題してみましょう!!
では私の意見から、
木村さんのところでは年に何回か(何回ぐらいですかね?)ホテルや会議所のホールで展示会を開催してますよね。その時に着物の試着及び撮影会をやるというのはどうでしょうか。試着のパターンがあり「旅館の女将さん風」「極道の妻風」「大正浪漫風」など、撮影はカメラ屋さんに頼んで別会計でやれば、リスクも少ないのではないでしょうか。
さぁー皆さんも素人ならではの意見を出して見て下さい!!

深く掘れ! そこに泉あり!!

おはようございます。
輿水です。葉書4通120日連続
 一昨日の経営塾で杉井さんから成功している人の共通点をおそわりました。
「成功している人は普通の人より少し負けん気が強い」そうです。
能力がなくても負けたくないから
「繰り返しやる! 繰り返した人が強い!!」
得てして、能力のある人は繰り返しを好まないそうです。
テーマを決めて繰り返す行動、生活をすることを大事にし目標にしようと思います。
「継続は力なり」「雨垂れ石を穿つ」「箸よく盤水を回す」と継続にはたくさんの言葉がありますね。たらいの水を箸1本でも根気良く回すことによりやがて大きな渦にしたいですね。カメの輿水には最重要課題だと思いました。
また、繰り返し、継続するためのコツもおそわりました。それは
「楽しめる!!」
ことだそうです。普通、記憶は時間の経過と供に落ちますが、興味のあること、楽しいことは、記憶が中々落ちません。継続するためには、たえず、工夫改善して進歩させること。その上でコツコツ努力すること。少しでも進歩すれば楽しくなるそうです。楽しくなれば続けたくなりますものね。
 また、以前、誰かブログで葉書の連続について言っていましたが、最初は大変ですけれど、覚悟を決めて、継続し、勢いがついてくると、逆にもう止めることのほうが難しくなると思います。
 あの冒険家の植村直己さんも同じことを言ってます。
出発するとすぐ、帰ることばかり考えているそうです。毎日先に進みながら、いかにして先に進むじゃなくて、いかにして引き返すかっていうことばかり考えるそうです。それがある一定のところまで進むと、もう引き返しのきかない状況までくるわけです。そこで、初めて、先に進むことだけしか考えなくなるそうです。
 あたりまえのことがまだ私には身についてないなぁ~と思いました。以前は難しくて特殊なことをしないと、成果が上がらないように思っていましたが、それが失敗したり続かなかったりして諦めてしまっていました。今後は出来ない大きなことを追うよりも小さな当たり前の「微差僅差の追求」をして小さなことを少しずつでも積み重ねていくしか自分の道は無い!と。
 
 それにしても、杉井さんの負けん気は少しどころではありませんよね! ご自分でイジメっ子だったと言ってましたが、倍返しどころか、何十倍にも返しそうですよね!、杉井さんが警察を退職していただいて、心底良かった!!と思います。
 
 また、今年最後の経営塾ではハプニング続きでしたね。
居酒屋の店員が無愛想な上に勝又さんにビールをこぼすは、厨房のオッサンは酔っ払っているは、言葉遣いも悪いし。
 その中で、そんな無愛想な店員を笑わせる小野さんのコミュニケーション術を観ました。私は「凄い!!」と思ったのですが他の人は「いくら何でもその戦法はどうかなぁ~」と少し引き気味でした! また、小野さんが、あの姉歯建築士と、面識がないけど、あの木村氏とは、飲んだことがある!(フグを食べながら) ということが発覚しました。

俺たちの前に道は無い! 俺たちの後ろに道は出来る!

おはようございます。
輿水です。葉書2枚119日連続
今年最後の沼津経営塾、ありがとうございました!!
私の今年の一番の収穫は葉書です。
最初、始めた頃は正直、いつまで続くやら、と思っていました。今の様にブログではなく、メールを送りあっていましたね。(懐かしい!) そして人が一人増え、二人増え、ブログになるは、杉井さんはチェックしてるは、本当にシャレでは済まなくなってきてしまいました。(エッ?!マジッすか?!ってな感じ)私にとってはココが最初の分岐点でした。適当に打ち切るのを諦めて葉書を続けていく決心をしたのです。そして、いつしか100日を越え、今日に到ったのです。
「凡事徹底」に少なからず触れた嬉しさがあります。いや、この言葉を使うには、たかだか百日では笑われますかね。鍵山さんの言葉で
「十年偉大なり、二十年畏るべし、三十年歴史なる!」
しょうがない、思い切って三十年、やっちゃいましょう!
(オイ、オイ、30年後、何歳?!生きてる?!)
そして、歴史になっちゃいましょう!
「よし!決めたー! 輿水は30年続いたら歴史を墓に刻みます!!それまでは死にません!!(コントロール不能ですけど気合で)」
 
そして、30年後・・・
 
輿水誠司之墓
平成四十七年 三島に永眠     (天皇様、頑張ってますね!)
葉書を1万958日連続、一日も休まず書く (30年×365日+閏年です!!)
最後の言葉 「凡事徹底」
最後の歌  「我が人生に悔いはなし」
生涯葉書枚数 2万通超
 
 因みに手紙書き魔で有名だった天才
  進化論の父 チャールズ・ダーウィンの生涯枚数7591通
  20世紀最大の科学者
    アルバート・アインシュタインの生涯枚数1万4500通
 
天才を超えてしまいましたー!!
 
ブログ、一週間、宜しくお願いしまーす!!

復活します!

長岡です。
おはようございます。
 
きょうは沼津経営塾ですね。
僕はきょうは出席できません。いや、しません。ごめんなさい。
 
今年入社の新人2人がお世話になっている会社の忘年会に行ってきます。
みんなは泊まりで真鶴ですが、僕は日帰りさせてもらうことにしました。
いっそのこと、宿泊までしてきっちり縁を作ることを狙ったほうがよかったかな。
 
さて、ここのところ、僕はどうもいろいろといい加減になっていましたが、
このBlogをきっかけに復活することにしました。
きのうから朝起きるのを30分早めて6時にしました。
みんなには普通かもしれませんが、いままでの僕にとってはずいぶんと早起きです。
6~7時の1時間は、はがきやBlog、CLの勉強などの第2領域に当てることにします。
はがきなどは、本当は隙間時間を活用するほうがいいなーと思っていますが、ついつい書かない日が多い僕には、いまは時間と場所を決めたほうがいいみたい。
ダイエットもとまってしまっていますが再開します。
 
何度も放り投げてやめてしまう僕ですが、見捨てないでくださいね ^^;

皆さんの趣味

長岡です。
おはようございます。
 
今朝はまた、一段と冷え込みますね。
暑いのには弱いけど、寒いのは嫌いです。
わがままですね。
 
さて、きょうのお題は趣味についてです。
このお題は、僕は繰り返し取り上げていますが、
考えてみると、皆さんの趣味を僕はあまり知らないんですね。
皆さんは、どんな趣味や、好きなこと、余暇の過ごし方をしてます?
 
意外だったのは、小野さんが昔レースをやっていて、
自宅の秘密の部屋(いい響き!)にトロフィーを隠していたことですね。
海野さん、木村さんはゴルフが好きですよね。
河田さんとは、7-8年前にカートで出会いましたね。
河田さんにとってはこれは仕事なんでしょうけど。
輿水さんが柔道やっているというのも意外でした。
塩川さんはね、もう○○や××ですからね。朝からは伏字じゃなきゃかけませんけど(ナニ
 
僕の趣味は、ケーナとサンポーニャのフォルクローレですね。
あとは、食べること!!!
それ以外のことは、とても朝からは書けません!!!
たぶん、小野さんとかぶります(ぇ
 
もともと僕は気が多い人なので、いろんなことをやってました。
キャンプ、シーカヤック、レーシングカートでは河田さんと出会いました。
音楽はハードロック/ヘビメタ系を良く聴き、ベースを弾いていました。
最近リバイバルのQueenなんて大好きですね(ハードロックじゃないけど)
パソコンは趣味で触るようになって24年です。仕事になっちゃいました。
バイクも好きで、限定解除までしました。
 
皆さんの趣味や好きなこと、いつも良く行くところなんて教えてください

なくしたもの

長岡です。
 
輿水さんも、顔のわりにはとても前向きですね!(ナニ
引き続き、なにかアイディアあったら出しましょう!
やっぱり、前にも某氏から話があった、会員制ワイン配布会ですかね。
大量の会員は集められなくても、少なくても少ないなりに、商売になりそうです。
よい宣伝効果にもなりそうですしね。
ワインと全国のおいしいおつまみのセットで、毎月お届けですね。
1年間の記念日を聞いておいて、なるべくそれにあわせてお届けとかどうでしょう。
『ワインの輿水酒店』という印象を作り上げてしまうとかいいかもです。
 
さて、話は変わりますが、きのう、沼津駅近くの飲み屋街を歩いていたら、こんな張り紙がありました。
「11/23のどろぼうさんへ 持っていった招き猫はお客さんからいただいたものなので、それだけでも返してもらえませんか」
気の毒な話なんですが、なぜかちょっと笑っちゃいました。
しかし、どろぼうさんも、なにも招き猫まで持っていくこともなかっただろうに・・・
よっぽど気に入ったんでしょうか。
どろぼうさんを招いたまねき猫でしょうか。

お金以上になくなって困るものってありますよね。 
僕は、以前に東京へ出張行ったとき、
ついついトイレにバッグを置き忘れてしまいました。
なぜかそのときは、バッグの中には、財布のほかに
システム手帳(住所録つき)、実印、会社の通帳、カードもろもろ、登記簿謄本などを持っていました。
お金よりも、住所録をなくしたのが困りましたね。
 
みなさんは、落としたりすてられちゃったり、なくしたりして
あとでずいぶんと困った経験はありませんか?

自分では気がつかないアイディア(?)

長岡です。
 
前に、『お互いの仕事について、アイディアを出してみませんか?』っていう呼びかけを、
誰かしていたような気がしたんですが、誰でしたっけ?
 
どうでしょう?
ちょっとやってみませんか?
まずは、トップバッターは、沼津と三島の架け橋、『輿水酒店』ではどうでしょうか?
今日だけでなくてもいいです。
1週間1人を通して、気がついたアイディアを話してみるなんて面白いと思うんですね。
 
アイディアだから、実現性とかあまり気にせず、面白いアイディアや
ヒントになるようなことなんて面白いと思うんですね。
意外と自分自身では、「できない理由」で塗り固められていて
自由な発想ができません。
異業種のほうが、そういうしがらみを知らないし、
人のことだから、無責任にアイディアを言っているうちに、
面白いヒントとかでてくるかも?ですね。
 
前に、ガラスやいろんな素材にサンドブラスト(?)という方法で
彫刻をする仕事の人と出会いました。
僕のイメージだと、ワインって特別な記念日とかプレゼントに買ったりしますが、
ただのワインよりも、「Happy Birthday!!」とか彫刻が入った
オリジナルボトルに入ってると、よりプレゼント効果が上がっておもしろいんじゃないかなって思いました。
 
ただワインを売るのじゃなくって、ワインが必要なときのシチュエーション全体を演出するとかどうでしょう?
入れ物も、ラップだけじゃなくって、手作り家具屋さんに作ってもらった特別な箱に入れてあげるとか・・・
 
なんか、高くつきすぎるかな???
でも、徹底すると、差別化になりませんかね?

人の縁の網

長岡です。
おはようございます。
 
きのう・おとといは静岡経営塾でした。
長岡は土曜日のみの参加だったんですが、日曜日を休んで、
なにかチャンスを見逃しちゃった気分です。
 
さて、話は変わりますが、僕は最近仲間と演奏を楽しんでますが、
その仲間の一人が、オリジンさんと縁のある人でした。
藤枝駅から電話で道案内をされて、そのとおりにいったら、
『あれ?オリジンさんの交差点を曲がるんだな・・・』
行って話しを聞いてみると、
『うちもオリジンでシロアリやってもらってるし、ずいぶん前に、オリジンの会社の誕生日会で演奏したこともある』
だそうです(びっくり!)
 
人の縁って、1対1でもとてもよいものですが、
共通の知り合いや、第三者が『この人はいい人だ』という話ができるようになると、
急に縁が広まったり深まったりするような気がしています。
普段から人との縁を広げていくと、1対1の線のような縁だったのが、
網の目状に縁が広がっていきそうですね。
 
そのためにも、せっかく出会った人たちとの縁をつなげ続けていきたいのですが、はがきも1回出しただけで、それっきりの人たちがたくさんいます。
最近疎遠にしちゃっている人がわかるように、名簿管理をしようしようと思いつつ、まだ着手していません。
年賀状のこの季節、なんとかやっちゃいたいですね。

自分を活かす

長岡です。
おはようございます。
 
きのうは、静岡経営塾で、岐阜県笠原町というところに掃除の応援をしてきました。
経営塾の一環で行ってきたんですが、その帰り道に杉井さんが、
「掃除といえば大正村だけど、そこへいくよりも、今日のほうが意味があるよ」
といっていました。
 
どういうことかというと、大正村は黙っていても人が集まる。
でも、きょうの掃除はリーダーやる人が足りなくて困っていた。
そういうところに行って応援するほうが、自分自身が行ったことが活きるし、相手がどれだけ喜んでくれるかわからない。
そういうことでした。
 
『あー・・・、なるほどなぁ・・・』
単に知人や人脈ではなく、友人、親友、恩人のように人との縁をつなげていくポイントを垣間見たようでした。
 
自分がもっともやりたいことではなく、もっとも活きる方法を考えることが、いいのですね。
 
ふと思いました。
僕の親戚で、もう1年以上入院している年配の方がいます。
一人暮らしなので、病院あてにはがきを書いてみようと思います。
経営塾の人に書くはがきもいいけど、これもきっと活きるはがきになってくれるかな・・・

負けパターン

長岡です。
小野さんの次は僕でしたっけ?
ぜんぜん準備の行動をしていませんでした。
あと2時間後には、静岡経営塾で、岐阜(?)に向けて出発です。
今回は、めちゃくちゃ寝不足になりそうです。
 
さて、僕は今年輿水さんとCLを受けました。
それなのに、それからほとんど勉強をしていません。
僕の負けパターンってあると思うので、
どんなときに、自分はやらなかったり逃げたりするんだろうかと、
考えてみました。

・悩みとらわれ型
このパターンがぼくは一番多いと思います。
なにか気になること、特に社員さんとの関係がこじれると
そのことばかりが気になって、ほかのことを投げ出してしまいます。
かといって何かをするわけではなく、単にそのことにとらわれているだけです。
 
・燃え尽き型
自分のペース以上のがんばりをすると、その反動でやらなくなります。
はがきも100日続いたあとに途切れたら、しばらく書かなくなりました。
 
・誘惑型
なにか目的とは違う誘惑に負けます。
やるべきことがあるのに、楽器を吹いて楽しんでる、
ダイエットすべきなのに、コンビニへ買い物行くと、余計なものを買ってしまう。
 
・多忙型
忙しくなると、将来のためのやるべきことをおろそかにしてしまいます。でも、けっして時間がないわけではないのです。
だらだらした時間が欲しくなり、力を出し切りませんね。
社長病です。
 
自分の負けパターンに入ると勝ち目はないので、
そのパターンになる前にあらかじめ手を打つべきだと思います。

【指一本が…】

【指一本が…】
今日の朝、みずほ証券の社員が「入力ミスで、300億円の損失」というニュースがありました。先日の書込みの30万円が3億円になった大学生ディトレーダーは、逆に入力ミスで、10倍の利益を得たことから株式にハマッてしまったそうです。指一本の動きで300億円の損失、10倍の利益と、本当に怖い話です。余談ですが、指一本といえば、数億円のパイプオルガンに、スプリンクラーの水をかけてしまった人は今頃、何をしているのでしょう?また、東京証券取引所でも、システム障害で日本経済が一日止まってしまったことも記憶に新しいところです。
身近ではこんなこともありました。私の会社のメールに、ある女性社長から「バカ!」というメールが飛び込んできました。???私はその女性社長に、何かしたのだろうか…?どこかのお店で変なことでもしちゃったのだろうか…?誰にも話せず数日間、頭の中はそのことでいっぱいでした。ある日、その会社を訪問した時、思い切って本人ではなく、(思い切ってないですね)担当者にこっそり打ち明けました。私が事務所に戻ってから、その社長から連絡があり、「申し訳ありません!娘に送るメールを小野さんの所に送ってしまいました。」ほっとしましたが、その数日間を返して欲しかったです。
最近の私たちは、便利さを追求して機械やシステムに頼りすぎてしまっています。簡単に出来てしまう事こそ、意識して行動しなくてはいけませんし、システムなども上手に使わなくてはいけませんね!それにしても、アナログ人間の私のような者には、とても住みにくい世の中なってきました。

    
一週間、ありがとうございました。

【歴史に残る会社】

【歴史に残る会社】
今、またお笑いブームが来ていますね。不思議なゲーをするゲー人も増えてきました。確かに面白い芸人もいますが、これってお笑い?って思ってしまう人たちも多いです。私が歳をとってしまったからでしょうか??お笑いに関しては自分の年齢で良かったと思うことがあります。それは、「お笑いの歴史」にしっかり名を残す人たちと同じ時代、同じ時間を過ごせたことです。たけし、さんま、タモリや、所さん、コント55号、やす・きよ、等など、本当にすごい人たちです。お笑いや芸に重みを感じるのは、その人たちに下積みの時代があったからではないでしょうか?私たちに伝わらないところで、苦労をされているようです。もちろん才能は大事ですし、なくては話になりませんが、苦労や努力が芸の肥やしになっているんだと私は思います。時代の速さもあるかも知れませんが、今の芸人の寿命の短さは、苦労せず、実力もないのに周りに押し上げられたため、すぐ、消えてしまうんではないでしょうか。自分の背丈にあったことをしていかないと、おかしなことになってしまうということです、フォーーーーッ!
私は、楽しい・笑いのある会社を目指しています。でもそれだけではありません。地道で誠実な行動の積み重ねで、「電話業界の歴史」に名を残す会社にしていきたいと思っています。

【楽して儲ける】

【楽して儲ける】
インターネットの普及もあるでしょうが、一般投資家が急増しているそうです。デイトレーダーとか言って、早いタイミングで売り買いし、利益を上げる人たちも多くなってきました。30万円が3億円になった大学生もいるそうです。はげたかファンドなんかも、そうですよね!机の上で電話一本するだけ、ワンクリックするだけで、何十億のお金が動いてしまう。そんな話が、テレビやラジオで毎日のように流れると、私も「楽して儲けたい」って気持ちになっちゃいますし、誰でも簡単にお金持ちになれそうな感覚になってしまいます。でもよく考えるとこれってバブルですよね!みんなあの痛い思いを忘れてしまったのでしょうか?私たちはどこかで「楽して儲けること」が美学というか、カッコ良くて、汗水たらして働らくものはかっこ悪いって学んでしまったんですね!でもそのツケは必ず来るってことも学習したはずなのに、そっちは何で忘れてしまうのでしょう!?景気が良くなるのは悪いことではありませんが、地に足の着いた景気回復を望みます。そんな情報に踊らされず、しっかりとした成長を会社も私たちもしていかなくてはいけませんね!!あのバブルでどんな人たちが泡と消え、どんな人たちが成長したのか、もう一度考えたほうが良さそうです。

でも楽して儲かったらそのほうがいいなぁ~(笑)

【ふたりの融合?】

【ふたりの融合?】
私も妻も、今、アイルランドの音楽にはまっています。アイルランド音楽以外にも色々なライブに行ったことがありますが、椅子があるのに立ったまま聞いたり、座って聞きたいのに周りが立つから前が見えず、仕方なく立つといった具合に非常に窮屈な感じがし、私の場合コンサート自体はあまり好きではありません。その点アイリッシュライブは、座ってギネスビールを飲みながら、聞くことが出来るうえ、とてもノリの良い曲調なので、酔っ払いにはとても心地よく、楽しいです。
アイルランドは、あまり、メジャーじゃないので、簡単に紹介すると、イギリス(大ブリテン島)の西にある島国。7万km2と九州よりも一回り大きく、人口は400万人弱の小国です。イギリスとアイルランドとは、民族も違い(アイルランドはケルト人)、宗教も違うので(イギリスはプロテスタント、アイルランドはカトリック)、あまり仲がよくありません。隣の国でありながら、関係がギクシャクする「日本」と「朝鮮」の関係に似ているとも言えそうです。私たち夫婦の夢のひとつに、「アイルランドにいって、パブでギネスビールを飲みながら、音楽を聴く!」があります。妻は音楽、私はビール!二人の融合が、アイリッシュなんです!!塩川さんのセールの時の、系列の計画?が、夢を実現させてくれそうです。

【慣れは恐い?】

【慣れは恐い?】
何事もそうだと思いますが、慣れてしまうと当たり前の行動になり、緊張感をなくしてしまいます。車の運転も,慣れたころに事故を起こすとよく言いますよね。大丈夫だという安心感と油断から、ミスを招きます。先日やった、社員寮の新築現場では、120室に、8個の電話の差込をつけます。最初のうちは緊張感もあり、間違いなく接続しますが、同じことを繰り返すので、慣れや、油断が出るのでしょう。自分では間違えてる訳がないと思っていても、試験をすると数箇所の間違いが出てしまいます。ある程度仕方ないことかもしれませんが、そんなことを普段の大切な行動でしていないのかが、気になりました。
人との付き合い方や、会社に対しての意思決定など。電話線なら試験が出来、直すことが出来ますが、人間関係や意思決定などは、取り返しがつきませんよね!
そうならないためには、
*人間関係では相手のことをしっかり思ってあげること、(はがき)
*意思決定では過信や傲慢にならないよう、初心を忘れず、謙虚になること。(掃除)
が大切です。
今、私たちが学んでいることは、きっとそういうことなのではないでしょうか?
そんなことを考えながら仕事をしている私ってすごい!?

【あなたならどうする?】

昨日は本当に楽しい時間をありがとうございました!次回をまた、楽しみにしています!杉井さんや、他の仲間も参加してもらえたら、楽しさ倍増になるかも知れませんね!
    
【貴方ならどうする?】
先日、うちのお客様から、電話がすべて使えなくなったという連絡が入りました。以前から「ずいぶん長く電話機を使用しているので、いつ使えなくなってもおかしくありませんよ」
とお伝えしている所でした。案の定、現地に行ってみると、人間で言う脳みその部分が年数による傷みで使用不能となっていました。私からお客様に対し可能なオファーは二種類。

① もう、この電話機は寿命です!新しいものを納品させて頂くしかありません。(新しいものを納品させていただく良いチャンスなんです)

② うちの会社にある部品を使って何とか修復いたします。(直してもまた痛んでしまう可能性もあります。)

①のパターンで、新しいものをやっていただければ、200万円くらいの売上げ、②の修理では数万円。
すごく悩みました。いろいろ迷った結果、私はどちらを選んだと思いますか?

最終的な私の判断は②の選択でした。
金額の件や、直せるものを直せないと言う事。どっちがお客様のためで、どっちが自分のためか??
どこかで、いいふりをしようとしていた自分がいないか?どこかで、儲けようとしている自分がいないか?お客様は私の修理で本当に喜んでくれたのか?などなど。さまざまな思いが自分の中を駆け巡ります。
こんな話、みなさんの所にありませんか?

【小野家の長男】

【小野家の長男】
うちの長男「巧祐(こうすけ)・小6」の話を書かせて頂きます。小学校5年生の冬、学校の持久走大会で5位に入った友達から、来年はもっといい成績を出したいから、陸上少年団に入らないかという誘いがありました。その頃うちの子の順位は学年でも中の下、とても陸上を始めようとする気は無かったようです。でも友達の誘いでもあり、内心いやいや三島陸上ジュニアクラブに入団しました。入ってすぐは、「やめたい!」「いやだ!」の連続でしたが、何時しか監督の言うことを、きっちり守るようになりました。「挨拶をしっかりする。毎日筋トレする。好き嫌いをせず、しっかり食べる。炭酸飲料は飲まない。」などなど。家でも筋トレのような地道な努力をひたすら続ける巧祐。しばらくすると、不思議なことに、みるみる成績が上がり始めたのです。三島市100Mで4位、走り高跳び4位、ソフトボール投げ県3位、秋の静岡県選手権では、なんと、やり投げで県優勝!時には鉄拳もとぶ厳しい指導で有名な陸上少年団の監督を、他の小学生は敬遠しています。しかし、うちの子いわく、「みんなはなんと言おうと俺は監督を尊敬している」なんとカッコいい息子でしょう!!
そしてついに、陸上を始めた当初の目標である6年生の持久走大会の日を、迎えました。私は仕事で見に行くことは出来ませんでしたが、うちの嫁さんの話によれば、「学校の外のコースを走り終わって、学校の門から入って来た2位争いの3人の中に巧祐がいたんだけど、ゴール前のグランド一周の最後の競り合いに勝って2位だったよ!!」一年間で本当に大きく成長しました。守・破・離の「守」の大切さを子供から教えてもらいました。
今週一週間、よろしくお願い致します。

次のページ

FC2Ad